ビゴライブで時給を得る方法|時給を得るには事務所への所属が必須!

全世界に約4億人のユーザーを誇るライブ配信アプリ「ビゴライブ」。日本でもじわじわと人気を集めており、日本人ユーザー、ライバーもどんどん増えています。

ユーザーが多いため、初めての配信から視聴者が付きやすく、配信モチベーションを維持しやすいアプリとして有名です。

視聴者が獲得しやすいということは、ギフト(=投げ銭)を貰うチャンスも多いということ。

そのため、ライサポではライブ配信で収入を得たい!と考える初心者ライバーにおすすめの配信アプリと唱えています。

そんなビゴライブ、条件が合えばギフト収入以外にも「時給による収入」を得られるということをご存知でしょうか。つまり、ギフト収入+時給のダブル収入で稼げるんです。

この記事では、ビゴライブで時給を得る方法を大公開!ビゴライブで本格的に稼ぎたい方は要チェックです。

ビゴライブについてよく知らない方、詳しく知りたい方はまず以下の記事を読んでみてください。

【実際に配信してみた】BIGO LIVE(ビゴライブ)とは|基本情報から視聴/配信方法まで

ビゴライブで時給を得られるのは公式ライバーのみ

時給てビゴライブで配信しているライバー誰でも貰えるの?

冒頭でビゴライブでは、時給を得られるとお伝えしました。しかし残念ながら時給を得られるのは一部のライバーのみ。全ライバーが得られるわけではありません。

詳しく説明する前に、まずはライバーの区分を確認しておきましょう。ビゴライブ含む、ライブ配信アプリでは2種類のライバーが存在します。

  • 公式ライバー
  • 一般(フリー)ライバー

公式ライバーとは、配信アプリと契約を交わし、認証を受けたライバーのこと。事務所を通して公式ライバーになることが一般的ですが、通さずになれるアプリもあります。

※ビゴライブでは、事務所に所属する必要があります。

上記に対し、一般ライバーとはアプリによる認証を受けていないライバーのこと。公式ライバー以外のライバーです。

ビゴライブで時給を得られるのは公式ライバーのみ。つまりどこかの事務所に所属しなければいけません。

事務所であれば、どこでもいいの?

実はそうではありません。事務所はどこでも良い訳ではなく、時給制を導入している事務所に所属しなくてはなりません

というのも、時給制を導入していない事務所も存在します。

時給を渡さない代わりに他の報酬を用意していたり、プロモーションに力を入れていたりと、事務所により方針が異なるんです。

方針を事務所ごとに設けられるのはビゴライブの時給制度上の理由。少し解説します。

ビゴライブの時給制度

ビゴライブはライバーのランクに応じて、時給が変動する仕組み

F、E、D、C、B、A、A+、S、SSの9つに分類されており、Fが最も低くSSが最も高いランクです。それぞれのランクにビゴライブが定めた時給報酬があります。

※ビゴライブ公式ではランクごとの時給を公開していないため、本記事でもビゴライブが支払う金額については割愛します。

定められた報酬は全て事務所に支払われるため、ライバーに直接支払われる訳ではありません

そのため事務所は通常、報酬額から数%~数十%の手数料を引いてライバーに支払います。基本的には、ライバーが受け取る額はビゴライブが設定している報酬の満額ではないということです。

手数料に関しては、それぞれの事務所で方針が全く異なります。

手数料を100%事務所側が受け取り、ライバーには支払わないという方針を取っている事務所もあれば、手数料を一切取らない事務所も存在します。

どちらが悪いということはなく、手数料分を他の分野に投資をしているというケースも見受けられます。

時給が欲しい!と考えるライバーさんは必ず契約前に事務所側と時給制度について話し合いましょう

ライバーランクと時給

ビゴライブで時給を得るにあたり、重要になってくるのがライバーランクの概念。ライバーランクが高くなればなるほど、時給が上がります

そもそもライバーランクとは、1ヶ月に取得した総ビーンズ量により決められます。

上記の事務所を例にすると、1ヶ月に10,000ビーンズを取得すればFランク。SSランクになるには、300,000ビーンズが必要です。

レートにより変動しますが、1ビーンズは約2.3円~3円。つまり10,000ビーンズは日本円にして約23,000円~30,000円、300,000ビーンズは690,000円~900,000円分の投げ銭を得る必要があるということです。

さすがにSSランクは難易度が高い印象を受けますが、Fランクは手が届きそうですよね。普通にライブ配信していても可能な額なため、それに時給が加わると考えると素晴らしいですよね。

ちなみに時給が発生する時間には上限があります配信すれば無限に時給が貰える訳ではないので注意しましょう

先程の事務所の報酬額をもとに報酬の上限を算出しました。

ライバーランク上限時間報酬上限
F10時間10,000円
E30時間31,500円
D30時間51,000円
C30時間78,000円
B60時間168,000円
A60時間186,000円
A+60時間210,000円
S60時間270,000円
SS60時間288,000円

SSランクになれば、ギフトで受け取れる690,000円~900,000円に加え、60時間の配信で288,000円も受け取れるため、月収100万円超えも夢ではありませんね。

事務所加入の注意点

普段の報酬に加え、時給も貰えるとなると良いことばかりな気がしますね。しかし、本記事で何度かお伝えしている通り、時給を得るには事務所へ所属しなくてはなりません

事務所に入るということは、メリットもあればデメリットもあります。

この章では、事務所に所属するにあたり気をつけておかなければならない点をご紹介します。

配信の自由度が下がる

これまで自由に、気ままに配信をされていた方は要注意。事務所によっては、配信ノルマを課される可能性があります

趣味として、仕事の合間に配信活動をされていた方は、ノルマを課されることで配信が億劫に感じるかもしれません。

また、一般ライバーとは違い、そのアプリの公式ライバーになるわけですから、配信内容にも気を配らなければなりません。

アプリ内で定められている配信中のNG行為はもってのほか。他の配信アプリでの活動も制限されます。今後もビゴライブで配信を続ける覚悟が必要です。

自分が配信したい内容と、時給を受け取るメリットをしっかりと天秤にかけて検討しましょう

マージンを多く取られることも

ビゴライブでは、一般ライバーと公式ライバーでは還元率に差が設けられており、公式ライバーの方が高いと言われています。

そのため、基本的には公式ライバーの方が収入を得られます。ただし事務所によってはマージン(手数料)を多く取り、ライバー側にあまりお金が渡らないということも。

ライバー事務所にはそのような悪徳業者は少なくないため、事務所に所属する際はしっかりと契約内容を確認しましょう

契約解除後の制限

事務所に所属する際は契約書を結びます。契約書に記載してある内容で最も多いのが、契約を解除した後の配信活動の制限

半年から1年程度ライバーとしての活動は制限されることが多く、元のアカウントも取り上げられてしまいます。

無断で配信をしたり、他の事務所に移籍をしてしまうとトラブルになる可能性が高く、違約金を請求されてしまうことも

あまり深く考えずに事務所を選び、契約を結ぶことは絶対に避けましょう

より詳しい事務所加入のメリットとデメリット

先程挙げた注意点は一部です。事務所加入に際して、知っておくべきメリット・デメリットを詳しくまとめた記事を公開しているので、ぜひ事務所に所属する際は参考にしてくださいね。

“ライバー事務所”って実際どうなの?所属のメリットや求人についても解説! 悪質なライバー事務所も存在する!?危険なプロダクションに引っかからないためには

ビゴライブで時給をもらうなら事務所へ所属!

いかがでしたか。

本記事では、ビゴライブの時給制度と、それに伴う事務所加入の注意点を解説しました。参考になれば幸いです。

「どんな事務所があるんだろう」といった事務所に関するお悩み、ビゴライブなどライブ配信アプリに関するお悩みはぜひライサポ公式LINEにてお問い合わせください。

事務所加入に関するお問い合わせ

ライバー
ライバー

事務所に所属したい

ライサポ
ライサポ

ヒアリングの上、事務所をご紹介します!

事務所移籍に関するお問い合わせ


ライバー
ライバー

今の事務所を退所して別の事務所に移籍したい

ライサポ
ライサポ

事務所を移籍する上で気をつける点や移籍先をご紹介します!


アプリに関するお問い合わせ

ライバー
ライバー

どの配信アプリを使えばいいのか分からない

ライサポ
ライサポ

配信目的に応じた最適なアプリをご紹介します!

LINE登録