【保存版】確定申告が必要なライバーとは|会社にバレない方法〜確定申告のやり方

ライバー活動で収入は得ているけど、確定申告は必要なのかな……?

副業ライバーのみなさん!確定申告の準備はしていますか?

確定申告ってなんだか難しそうで、考えないようにしていた方も多いのではないでしょうか。

ライバー活動で収入を得ているのであれば、確定申告が必要になる可能性はかなり高いです。

この記事ではどのような人に確定申告が必要かお教えします。

また、確定申告の一連の流れもご紹介。確定申告の基礎知識が付きますよ。

※注意※
この記事では、副業ライバーにとっての確定申告を紹介します。本業ライバーは申請方法や所得額が少し異なります。

副業ライバーは、年20万円以上の所得があれば、確定申告が必要です!

参照元:確定申告が必要な方国税庁 

いきなり難しい表ですが、これは確定申告が必要な方をリストアップしたものです。

注目してほしいのは赤枠の内容です。

ライバーを本業ではなく、副業でやっている方はこの項目が当てはまります。

実はあなたが年に20万円ライバー活動で所得を得ているのなら、確定申告が必要です!

年で20万円なので、月で割ったら約1万6,000円です。達している方、多いんじゃないでしょうか。

この20万円はあくまで収入から経費を差し引いた所得です。

所得=収入-経費

例えば、あなたがライバー活動で22万円収入を得ていたとしても、3万円の経費がかかったのなら所得は19万円で、確定申告する必要がなくなります。

一年間に20万円以上の所得があるか確認してみてね!

ちなみに他で給与所得を得ていない、いわゆる本業ライバーは、1年の所得が38万円以上の場合に画定申告が必須になります。

どのアプリを使っていても確定申告は必要!

まさしく上記の通りなのですが、どのライブ配信アプリを使っていても 、確定申告の条件は変わりません。

あなたがポコチャライバーでもイチナナライバーでも一年の所得が20万円を超えていた場合、確定申告は必要なんです。

ただし、事務所に所属することで、事務所のスタッフがやり方を教えてくれることもあります。

ですから、確定申告をひとりでやるのは心配!という方は事務所に所属することも検討してみてくださいね。

事務所に関することは以下の記事にまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

“ライバー事務所”って実際どうなの?所属のメリットや求人についても解説!

そもそも確定申告って何?

この記事での大頻出ワード「確定申告」

今まで、社員、アルバイトといった業務形態で企業に帰属していた方にはあまり馴染みがないワードですよね。

ここで今一度おさらいしておきましょう。

簡単に言ってしまえば、確定申告とはその1年間であなたが得た収入に応じて納めなくてはならない所得税の手続きです。

会社に帰属している場合は、会社があなたの毎月の給料から予め見込まれる各種税金を源泉徴収しています。

その差異を年末に調整する「年末調整」を代わりに行ってくれています。

しかし、ライバー活動で得られる収入は、事務所に所属していてその事務所が代理で行ってくれるような特別な場合を除き、そのような徴収はされておりません。

そのため、基本的には自分自身で手続きをしなくてはならないのです。

いつからやらなければいけないの?

確定申告は、該当の年の収入を翌年の2月ー3月に税務署に申告しなくてはなりません。

次回の確定申告を例をみてみましょう。

2020(令和2年)に得た収入の申告は、2021年(令和3年)の2月16日火曜日~3月15日月曜日の1か月の間にしなくてはいけません。

申告しないとどうなるの?

まず前提として、確定申告は国民の義務である「納税」に関わる大切な税務処理です。

収入が確定申告の条件を満たしているのなら、絶対にしなくてはいけません。

もし確定申告をしなかった(=必要な納税をしなかった)ことがバレると……

  • 無申告課税
  • 延滞税
  • 重加算税

といった、本来払わなくてよい税金まで取られてしまい、結果的に損してしまいます。

確定申告していないことに後から気づいた場合は、できるだけ早く税務署に行きましょう。

税務署の調査で未申告がバレた時より、無申告加算税が数%軽減されます。

ちなみに、オンラインを主軸にしているライバー、YouTuberのような職種は、金銭の動きがほぼ全てデータで残るので、未申告はバレやすい傾向にあるようです。

確定申告をすることで、本業(会社)にバレる?

会社に隠れてライバーをやってるけど、確定申告でバレちゃうのかなぁ?

さて、副業でライバー活動をしている方にとって、会社にライバー活動のことを知られたくない!とお思い方も多いハズです。

実際に、確定申告を通してバレるのでは?と危惧されているライバーさんも多いようなので、ここで解説します。

確定申告時に会社にバレる要因のひとつに、住民税の支払額が挙げられます。

しかし、実は確定申告の際に特定の箇所にチェックを入れてしまえば、バレる可能性がグッと低くなります。

もう少し詳しく解説します。

参照元:個人住民税の特別徴収(給与天引き)について

上の図の通り、通常、会社員はその会社からの給料から天引きで住民税を支払います。

会社はその人に支払っている給料額を知っているので、そこから支払われる住民税もどのくらいになるのか知っています。

そのため、副業で収入を得ていると、会社の給料から算出される住民税と乖離が生じるため、会社に副業がバレてしまうのです。

それを防ぐためには確定申告の際に、ある項目でチェックを入れることが必要です。

確定申告の際、記入する項目のひとつに、住民税に関する項目というところがあります。

ここで、「給料から差引き」にチェックを入れてしまうと、先ほど説明した通り、会社にバレる可能性が上がります。

しかし、「自分で納付」にチェックを入れることで、副業で稼いだ分に対して発生する住民税は自宅に送られてくる納付書で支払えます

会社の給料から引かれるものではなくなるので、必然的に会社にあなたの副業がバレることはなくなるのです。

ちなみに、マイナンバーを通して会社に副業がバレるといったことはありません!

マイナンバーに関して、内閣府に挙げられているFAQから一部抜粋しました。

内閣府 マイナンバーに関するFAQ
参照:内閣府 マイナンバーに関するFAQ

特別徴収とは、先ほど説明した「給料からの差引き」のことです。

ちゃんと手順を踏めば、会社バレは防げるんだ!

ライバー活動をする上で必要になった経費はどう計上する?

ライバー活動をする上で必要になった費用は経費として、収入から差し引いて申告することができます。

所得=収入-経費

ライバー活動でかかってくる費用で考えられるのは、

  • ライブ配信にかかる電気代
  • ライブ配信の際に必要な通信費
  • スマホ代
  • 家賃
  • 企画で必要になった物品(消耗品)
  • 誰かにゲスト出演を依頼した場合の人件費
  • ライバーイベントに参加する際の交通費や衣装代
  • ライバー活動にかかわるミーティングの場所代や飲食代

これらのうち、完全にライブ配信でしか使わないものと、日常でも使うものとで分けられると思います。

例えば、電気や家賃などはライブ配信時以外でも必要ですよね。

それらは、私用で使う割合とライバー配信で使う割合で分けて算出する必要があるので要注意です。

詳しくは家事按分で検索してみてください。

もしそのような算出が面倒な場合、ライバー配信専用の物品(専用部屋、専用スマホ、専用回線など)を用意するのもテでです。

完全に経費として計上することができると言えます。

経費として計上する場合、領収書やレシートを保管しておくことが必須です。

紛失してしまっても対応することは不可能ではありませんが、事務処理が増えてしまうのであまりオススメできません。

確定申告の流れ

確定申告が必要なことは分かったけど、どうやってやるんだ……?

さて、次は実際に確定申告の一通りの流れをご紹介します。

今回はライバーで得た収入を「雑所得」として計上するパターンをご紹介します。

事務所に所属しており、事務所から給与として賃金を受け取っているライバーは雑所得ではなく、給与所得での計上になります。

また、生命保険等の各種保険に加入している方は控除が受けられるため、別途書類を用意する必要がありますが、今回は説明を割愛します。

さて、確定申告は以下の3通りの手段で提出が可能です。

  • 窓口提出
  • 郵送提出
  • インターネット提出

今回は、確定申告の流れを紹介するために「窓口提出」を説明します

国税庁 確定申告 申告手順の流れ
参照元:申告手続の流れ国税庁

どこに行けばいいの?

窓口提出の場合、お住まいの地域管轄の税務署に行く必要があります。

外部リンク:税務署の所在地などを知りたい方(国税庁)

上のリンクから国税庁のページに飛ぶことができます。

ご自宅の郵便番号から管轄税務署を調べることができるので、ご存知でない方はまずは確認してみましょう。

確定申告のために準備しておく書類

  • 確定申告書

確定申告書にはAとBが存在し、どちらも国税庁のサイトからダウンロードできるようになっています。

副業ライバーはAの申告書を使えばOKです。

Bの方が複雑で難しい分、いろいろな申告に対応しているのですが、副業であればAで事足りてしまいます。

  • 本人確認書類

具体的にはマイナンバーカードです。

もしまだ発行していないのであれば、

①番号通知カード

②運転免許証や保険証などの身分証明書

の2点を持参すれば問題ありません。

  • 源泉徴収票(添付は不要だが、要持参)

源泉徴収票とはその年に会社からいくら給与を受け取っていて、いくら税金を支払ったかが分かる書類です。

本業が会社員で、そこで給与を受け取っている場合、必ず源泉徴収票を発行してもらえます。

以前までは、この源泉徴収票を確定申告の際に添付しなければなりませんでしが、平成31年4月1日以降は添付不要になりました。

しかし、窓口提出の場合、担当者と確認する目的で必要になるので、持参しましょう。

給与を受け取っている事務所所属ライバーは、その事務所からも源泉徴収票をもらっておいてください。

申告書に記入しよう

準備した申告書に必要事項を記入していきます。

実はこの作業が確定申告において一番大変な項目です。

国税庁 申告書の記載例
参照元:申告書の記載例2(給与やその他の収入がある場合)

上の図は国税庁が記載例として挙げているサンプルです。

この図の参照ページに行くと、詳しく記入方法が載っているので、ぜひ一度ご確認ください。

  • 副業ライバーは、この申告書に「雑所得」としてライバー活動での収入を記入する必要があります。
  • 給料制ライバーは「雑所得」でなく、給与所得で申請します。

必要な書類さえ持参していれば税務署の職員が記入を見守ってくれます。ですから分からないことだらけの確定申告も安心です。

作成した申告書を提出しよう

ご自宅で完成させた方は、書類を持って先ほど調べた管轄の税務署に行きましょう。

注意点として、確定申告の期間はかなり窓口が混む傾向にあるので、当日は確定申告以外の予定を入れない方が無難かもしれません。

一部を除き、税務署の開庁時間は基本的に

月ー金曜日のAM8:30~PM5:00です。

税金を納付して確定申告は完了です

確定申告とは先ほどもご説明した通り、その1年の所得をもとに納税額を決定する作業です。

申告書に基づいて計算された税金を納付するまでが確定申告。

副業ライバーに関わってくる税金は主に2つ。所得税と住民税です。

税金の種類期日
所得税3/15
住民税一括か4回(6、8、10、翌年1月末)払い

それぞれ納期が異なり、所得税は確定申告期間最終日が納期です。

超過してしまうと、延滞税が生じてしまうので要注意。

住民税は先ほど副業バレのところで少し触れましたね。絶対に「普通徴収」にチェックを入れることを忘れずに!

普通徴収を選択することによって、副業分の住民税は計4回に分けて納付書が自宅に送られてきます。

それを支払えばOKです。一括でも納付できますが、税額は変わりません。

実はスマホでも確定申告できます。

ここまでは実際に窓口に行って確定申告する方法をご紹介しました。

でも実はスマホ一つで確定申告できちゃうんです。

外部リンク:スマホで確定申告(副業編)(国税庁)

国税庁が作成した資料なのですが、詳しくやり方が載っています。

ぜひご確認ください。

コロナ禍では、窓口に行くよりスマホでやる方が良いかも!

確定申告を簡単にするサービスを紹介!入れておいて損はないです!

確定申告をする上で必要になることを簡単にしてくれるサービスがいくつか存在します。

毎日コツコツ入力しておくことによって、確定申告の時期に焦らずに済むのでオススメです

freee(フリー)は有名な会計・確定申告サービスで、副業の確定申告もサポートしているので安心して利用することができます。

また、30日間は無料でサービスを体験できるので、まずはお試しで使ってみることをオススメします。

プランスタータープランスタンダードプラン
備考30日間無料体験確定申告機能のみの利用個人事業主向け
価格(税抜)980円/月
9,800円/年
1,980円 /月
19,800円/年
申告機能X
確定申告に対応

確定申告・消費税申告に対応
記帳機能X
データ保持期間30日

自動化による効率化

記帳の自動化・レシート読み取りによる効率化
請求機能
請求書が作成可能

請求書が作成可能

請求業務・売掛買掛管理・経営状況の把握
サポート
メールのみ

チャット/メール

チャット/メール
(どちらも優先対応)

副業者向けのサービスのみならず、個人事業主向けのサービスも充実しています。

上記表への記載は割愛しましたが、電話でのサポートにも対応したプレミアムプランも用意されており、より会計業務の効率化が図れます。

プレミアムプラン=月額3,316円(税抜)、年額39,800円(税抜)

実際のところ、本業がある副業ライバーの方は月額980円から利用できる「スタータープランで十分対応可能です。

スタータープランでもメールとチャットによるサポートに対応しているので、分からないことがあっても安心。

ライバーが本業になった際に、より機能が使えるプランへのアップデートを検討すれば良いでしょう。

会計・確定申告サービス、シェアNo.1の実績!

\freeeのお試しはコチラから/

マネーフォワードも同じく個人事業主の会計まで対応しているサービスです。

こちらのサービスも同じく全3プランが用意されており、30日間は無料で「パーソナル」プランをお試しで使えます

お試しでも機能が制限されていないプランを使えるのは魅力的ですね。

プランパーソナルミニパーソナルパーソナルプラス
備考副業者向け確定申告自営業・個人事業主向け確定申告会計全般・電話サポート対応
価格(税抜)980円/月
9,600円/年
1,280円/月
11,760円/年
35,760円/年
申告機能
確定申告に対応

確定申告・消費税申告に対応

確定申告・消費税申告に対応
記帳機能
銀行・クレジットカード明細の自動読み取り

左記に加え、座残高照会・帳簿残高の突合

左記に加え、座残高照会・帳簿残高の突合
請求機能
請求書作成

左記に加え、請求書を毎月自動作成

左記に加え、請求書を毎月自動作成
サポート
メール/チャット

メール/チャット

電話/メール/チャット

最も廉価な「パーソナルミニ」プランでも、副業ライバーに必要な最低限の機能は使えます

こちらのサービスでも電話でのサポートをお求めの場合、最上位プランを選択する必要があります。

基本的にはメール、チャットでのサポートで十分だと思われますが、どうしても心配!という方は加入を検討してみてください。

AIがあなたの確定申告をラクにする、使えば使うほど賢くなる!

マネーフォワードのお試しはこちらから

まとめ

この記事が収入を得ている副業ライバーの確定申告に対する不安を少しでも払拭できていれば幸いです。

確定申告さえクリアしてしまえば、ライバーとしての活動もいよいよ本格的に。

個人事業主として専業ライバーになっても怖いものなしです。

確定申告、頑張ってくださいね。

ちなみにライサポでは、ライバーさんに役立つ情報をたくさんアップしています。

ぜひ他の記事にも目を通してくださいね。

ライバーの収入事情|ライバーを職業にする際に適したコンテンツやアプリとは 17ライバーの収入はどのくらい?平均月収や報酬の仕組み、稼ぐコツをご紹介! 17LIVEとは|ライバーに興味があるなら知っておくべき4ステップ

また、ライサポではLINEにてご相談を承っています。確定申告含む、ライバーに関するお問い合わせがありましたら、ぜひお気軽にご連絡くださいね。

事務所加入に関するお問い合わせ

ライバー
ライバー

事務所に所属したい

ライサポ
ライサポ

ヒアリングの上、事務所をご紹介します!

事務所移籍に関するお問い合わせ


ライバー
ライバー

今の事務所を退所して別の事務所に移籍したい

ライサポ
ライサポ

事務所を移籍する上で気をつける点や移籍先をご紹介します!


アプリに関するお問い合わせ

ライバー
ライバー

どの配信アプリを使えばいいのか分からない

ライサポ
ライサポ

配信目的に応じた最適なアプリをご紹介します!

LINE登録