今人気の”ライバー”になるには?始め方や集客のコツについて知ろう!

“ライバー”と呼ばれる配信者たちはYouTuberと同様の人気を誇り、彼らを見て配信に憧れを持つリスナーが増えています。けれども始め方が分からず、躊躇してしまう人も案外多いのだとか。

ライバーデビューは非常に簡単なので、何も戸惑うことはありません。

集客にはちょっとしたコツがあり、初心者向けのアプリを活用すれば人気になれる可能性大!多くの人に来てもらえればヤル気も倍増するはずです。

あなたも今話題のライバーになって、楽しく配信をしてみませんか?

ライバーになるにはどうすればいい?

今までライブ配信を観たことがあっても、ライバーのなり方について詳しく知らない人も多いです。「事務所に入らないとダメなのか」、「技術が必要なのか」などなど、不安に思ってしまうこともあるでしょう。

ですが安心して下さい。たったの4ステップで誰もがライバーになれちゃうのです!

特別な技術やトークスキルは必要ありません。リアルタイムをリスナーに届けるため編集技術がなくても大丈夫。

スマホ一台あれば今日からデビューが可能ですよ。

ちなみにほとんどのアプリがスマホ向けなので、iPadなどのタブレットだと画面が小さく表示されてしまう恐れが。なるべくスマホでの配信をおすすめします。

まずは配信アプリを決める!

ライバーになるにはまず、配信をしたいアプリを決めなくてはなりません。すでに登録していたアプリを使いたい人もいれば、見る用と配信用を分けたい人もいるでしょう。

元からリスナーをしていたアプリ内で交流を盛んに行っていれば、フォロワーが配信を見に来てくれる可能性が高いです。

積極的にアプリを活用していたのなら、既存のアカウントでライバーデビューをすると集客もしやすくて◎

ですがロム専(※観る専門の人。配信アプリでは”潜る”とも言う※)だったり、リスナー同士の交流をしていない人もいるはずです。

アカウントをそのまま使うのに抵抗があるのなら、配信用のアプリを登録するのもアリ。

「こっちでは見る専、こっちではライバー」と使い分けることで、気持ちの切り替えもしやすくなるかもしれません。

ちなみに“初心者向けの配信アプリ”があるのを知っていましたか?

そちらについては後述しますので、アプリ選びに迷っている時はぜひ参考にしてくださいね。

【2021年最新】ライブ配信アプリおすすめ10選!稼げるアプリを徹底解説

配信方法を決める

ライバーと一口にいえど、ラジオやゲーム実況、そして顔出しなど様々な配信方法があります。

ゲーム好きorゲームがうまいなら実況もいいですし、声やトークに自信があるならラジオ配信も向いているでしょう。

これらは顔出しをしないため、配信前のメイクやヘアセットの手間が省けるほか、身バレ防止にもなります。

ただし顔出し配信に比べるとニーズがやや少ないため、工夫を凝らさないと人が集まりづらいのが悩ましいところ。

多くのリスナーはサムネイルの写真を見て入室してきますから、顔を出している方が有利であることは確かです。

特に抵抗がない場合は迷わず顔出し配信を選びましょう。

いざ、配信スタート!

配信するアプリや方法を決めたら、後は配信するだけです!

最初は緊張してしまうかもしれませんが、初心者の頃は皆同じ気持ちを持っているはず。「面白いことを言わなきゃ!」と気負いする必要もないので、まずは慣れることが大切ですよ。

始めは30分など短い時間だけでも構いません。遊びに来てくれたリスナーとコミュニケーションを取りながら楽しく配信を行って下さいね。

集客をするコツ

先ほど「多くのリスナーはサムネイルの写真を見て入室してくる」と説明しましたが、サムネイルはとっても重要なのです!

人気ライバーは目を引くような自撮りやオシャレな写真を使っています。“映える”サムネイルは集客へ繋がる近道ですから、設定する写真にこだわってみましょう。

入室してくれたリスナーにはきちんと挨拶をします。コメントは細やかに拾い、ギフトを貰ったらお礼を言うなど基本的なことは徹底して下さい。

そうすることで固定のファンも増えていくはずです。

そして意外と重要なのが配信の時間帯。

人が多く集まりやすいのは平日や土曜日の夜20時以降なので、そこを狙って配信を始めるのもいいですね。

初心者のうちは時間帯を固定し、「このライバーは〇時頃よくいるんだな」とリスナーに認識させることも大切です。

ある程度慣れてきたら他の部屋へ遊びに行ったり、そこで宣伝をするのも◎

人気ライバーになるにはライバー同士の交流・付き合いが大切なので、意識してみるとより集客に期待が出来るはずです。

【ライブ配信のコツ】人気ライバーになるならこの7つを即実践!

事務所には入った方がいいの?

この章でも説明している通り、アプリを自分で選んで登録→ライバーデビューといった流れであるため、事務所に入らないとライバーになれないということはありません。

事務所無所属のライバーを「フリーライバー」と呼びますが、フリーで活躍している人はたくさんいます。所属はマストではありませんから、まずは自分で始めてみることをおすすめします。

しかし配信をしても長期間伸び悩んでいる、一人でライバーになるのは不安、経験者のサポートが欲しい場合は事務所を検討しても良いでしょう。

どのライバー事務所も一人一人にマネージャーが付き、初心者をサポートしてくれます。

事務所によっては人気の先輩ライバーから直々に教えてもらえることもあるようなので、憧れのライバーが所属している事務所に問い合わせるのも一つの手ですね。

事務所に関しての詳細は以下の記事で紹介しています。気になる方はデビュー前に要チェック!

“ライバー事務所”って実際どうなの?所属のメリットや求人についても解説!

初心者向けのアプリはこの〇つで決まり!

せっかくライバーになっても、人が集まらないとやる気も失せてしまいますよね。

多くの人に来てもらうにはスタートが肝心で、初心者には不向きなアプリもあるのです。

ライバー になるには

表を参考にしながら、順に説明してきましょう!

17(イチナナ)ライブ

2015年に台湾で生まれ、2017年に日本版がリリース開始した17ライブ。瞬く間に人気を博し、日本国内で最も知られている配信アプリではないでしょうか?

YouTuberやフォロワーの多いインスタグラマー、インフルエンサー、有名キャバ嬢などの参入が目立っています。

人気と共に知名度のあるライバーが揃うため、最大手のライブ配信アプリと言っても過言ではありません!

大手である分、集客に期待はできるでしょう。人が少なくなりやすい平日の午前中や夜中なども、「アプリ内が過疎化している」ことがまずないのです。

ユーザーが多い分集客もしやすい=稼げる可能性を大きく秘めていますね。しかし有名人が多いことから、フリーライバーは埋もれやすいのが欠点です。

元から肩書きを持っている、SNSのフォロワーが多いなどの強みがないと、生き残るのは少し厳しいでしょう。

他アプリで経験を積んでから17ライブへ移行するライバーもいるくらいなので、初心者向きとは言い切れないのが現状です。

17ライブで個性爆発!世界中の人に見てもらえるライブ配信アプリ!

\歌・ダンス・雑談なんでもアリ/

17LIVEとは|ライバーに興味があるなら知っておくべき4ステップ 17ライバーの収入はどのくらい?平均月収や報酬の仕組み、稼ぐコツをご紹介!

ポコチャ

Pocochaの運営元はDeNA、国内発の配信アプリです。

リリースしてから日が浅いのですが、今では17ライブ、SHOW ROOM、LINE LIVEと肩を並べるほど知名度もアップ。非常に有名なアプリとなりました。

リスナーから贈られるアイテム(投げ銭)だけでは収入が決まらず、配信の盛り上がり度合いや視聴時間なども総合して収入が決まります。

Pococha(ポコチャ)のダイヤってなぁに?~ダイヤを集めると〇〇ができるんです!~

他とは一味違う独自の報酬システムが特徴的なので、その部分に魅力を感じる人もたくさんいるのだそう!

大手アプリでありながら、17ライブなどと比べるとタレント性はそう高くありません。なので初心者でも挑戦しやすいことでしょう。

ただし月間のアクティブユーザーは約42万人(参考:FORVAL IOT)とかなり多いです。もしPocochaで埋もれてしまった場合は、他を検討してみてください。

安心の国内運営!Pocochaでライブコミュニケーションを楽しもう!

\独自の報酬システムで、あなたも稼げるライバーに!/

SHOWROOM

SHOW ROOMも知名度が高く、配信が大流行する前からリリースされていた老舗アプリです。当初はタレントだけが配信を行っており、一般人は参入できませんでした。

現在は一般ライバーも増え、高画質であることが他アプリとの大きな差。

PCで視聴するリスナーも多く、「元祖配信アプリ」といった空気感を楽しめるのも特徴の一つですね!

現在もアイドルなどタレントの参入が多く、芸能事務所との結びつきが非常に強いです。

アプリ内で行われるイベントもCM出演やオーディションなどが多いのもその理由があるからでしょう。

タレント性の強さは以前から変わらないため、芸能界を目指す方にはぴったりです。

ただしお小遣いを稼ぎたい、副業がてら始めたいといった方にはあまり向いていないのでご注意を。

SHOWROOMはCM出演オーディションなど、タレントになるチャンス満載のライブ配信アプリ!

\ライブ配信から芸能界を目指そう!/

LINELIVE

LINELIVE タレント
参照元:LINELIVE

かつてはSHOW ROOM同様タレントしか配信ができなかったLINE LIVEですが、2016年より一般ライバーの利用もスタート。瞬く間に有名配信アプリの一つとなりました。

LINEアカウントを持っていれば誰でも配信できるため、登録の手間が省けるといった利点があります。

アプリ内で稼いだお金(=ポイントと呼びます)はLINE payのチャージができたり、LINEスタンプの購入に使用したり、ギフト券へ交換することも可能!

“LINEならでは”のサービスが最大限に利用できるため、とても便利な配信アプリとして親しまれているのです。

他アプリにはない「バックグラウンド再生」にも対応していますよ。

ただし17ライブやSHOW ROOMと同じくタレント色が強いです。芸能人も配信を行っているくらいなので、一般ライバーは少々不利になりやすいでしょう。

できればある程度経験を積み、ファンを獲得してから始めることをおすすめします。

ハクナライブ

HAKUNAライブ 稼げる
参照元:HAKUNAライブ

ハクナライブは韓国発のアプリで2017年に誕生しました。日本でのサービス開始が2019年と割と最近なので、まだまだ国内の知名度はいま一つかもしれません。

けれども世界で配信されており、累計ダウンロード数は500万を突破しているのです!

配信アプリの中では珍しく、顔出し不要の「ラジオ配信」に力を入れています。顔出しに抵抗がある方や、声に自信がある場合は挑戦してみると良いでしょう。

もちろん顔出し配信もOKですし、視聴者がライブに参加できる機能もあります。ライバーとリスナーの距離の近さにアットホームさを覚えますね。

まだまだ日本人ライバーが少ないため、人が多すぎて埋もれる、知名度のある人ばかりにリスナーが流れる……といったことはあまり見られない印象です。

初心者でも有名になれる可能性が高いので、早めに参入しておくと◎

国内でもまだまだ伸びることが予想される、期待大の配信アプリです。

【実際に使ってみた】ハクナライブの魅力・稼ぎ方まで徹底解剖

BIGO LIVE

BIGOライブ アプリ
参照元:BIGO LIVE|Apple Store

BIGO LIVEは世界発信をしていることが何よりの強みで、ユーザー数はなんと3億人を突破!

シンガポール発の配信アプリで、日本でのリリースは2019年。ハクナライブと同年に上陸し、徐々に知名度が上昇しているのです。

国内ユーザーはまだまだですが、海外ユーザーが多いため集客に困ることはありません。外国語が話せる人にも非常におすすめですよ。

【実際に配信してみた】BIGO LIVE(ビゴライブ)とは|基本情報から視聴/配信方法まで

顔出し配信だけでなくゲーム配信が人気であり、ゲーマーの男性にもBIGO LIVEは参入しやすいのではないでしょうか?

タレントやインスタグラマーなどが目立ち始めていますが、17ライブなどに比べると数は多くありません。初心者でも臆さずに挑戦してみましょう!

ミクチャ

ミクチャ Mixchannel
参照元:ミクチャ

ミクチャは2013年にリリースされた、国内発の老舗配信アプリです。

元々は「Mix Channel」といった名称でしたが、ユーザーから「ミクチャ」の愛称で親しまれていたため、2020年に改名しました。

リリース当初は動画投稿に特化しており、生配信の機能がなかったのです。

2017年より配信機能がスタートし、顔出し配信が基本。ライバーの8割が女性であり、主に10代の若者から絶大な支持を得ています。

現在は中高生の配信が特に目立っていますね!「カップル配信」も行われ、ラブラブなカップルに憧れるリスナーも多いのだとか。

若い女性が輝ける可能性は大いにあるものの、収益化が少し難しいアプリです

ライバーとして始める前は以下に記事をよく読んでからにすると、失敗しづらいでしょう。

【2021年最新】ミクチャとは?使い方や注意事項をイチから徹底解説

ふわっち

地上波CMでお馴染みとなったふわっち。YouTubeなどネット上の広告でよく見かける人も多いと思います。

これまで紹介した配信アプリの中では最も個性的で、事務所に所属しない「フリーライバー」が多数活躍。

かつて「ニコニコ動画」で人気を博した配信者が続々と流れているので、どこかサブカルチックな雰囲気が流れているのも特徴と言えますね!

炎上系のライバーもおり、過激な企画を行えるのもふわっちならでは。

他アプリではNG事項とされている飲酒や喫煙をしながらの配信もできちゃうんです。

年代や性別、ジャンルなどが幅広いため、雰囲気が合っていれば向いているでしょう。還元率も良いため、稼ぎたい人にはうってつけ!

ただし良くも悪くも“緩い”ので、向き・不向きがかなりハッキリと分かれます。それがある意味メリットであり、デメリットなのかもしれません。

初心者向けのBIGO LIVEとハクナライブ

以上のことをまとめると、初心者におすすめしたいのは有名人の参入も少ないBIGO LIVEとハクナライブ。

どちらも日本でのサービス開始が2019年、今後は更に伸びていくことが予想されます。

大手への参入は不安、SNSのフォロワーも少ない、これといった肩書がない場合は、ユーザー数が多すぎないフィールドで戦う方法が良いでしょう。

確かに17ライブやSHOW ROOMなど大規模なところで爆発すれば、一気に稼げるかもしれません。

しかしユーザーの量が多いと、そのチャンスが回ってくる確率が一気に下がってしまうのです。

よっぽどの肩書、そして強みがない場合は発展途上のアプリを選び、まずは配信に慣れることが大切。

ライバルが少ない方場所で始めれば、有名ライバーの道も開きやすくなるはず。初めはぜひ、この二つのアプリを検討してみてください。

明日からあなたもライバーになれる!初心者でも配信を始めちゃおう

スマホがあれば今日からあなたもライバーになれます。配信は初心者でも、誰でもできるので大丈夫!アプリ選びをしっかりと行い、サムネイルにも工夫をしたらいざ配信スタートです。

あなたが楽しんでいれば、リスナーにもその気持ちが伝わるはず。たくさんの人が訪れるような人気ライバーを目指しちゃいましょう!